シングルマザーとの出会いのきっかけ、シンママを落とすためのテクニック3選

最近ではシングルマザー、略してシンママが多くなってきています。

 

実家で親と一緒に生活しながら子供を育てている場合がほとんどですが、親と一緒に暮らしていても、旦那というパートナーの存在がないのはやはり寂しく感じるもので、寂しさを埋めたいと思っているシンママも多くいます。

 

そんな境遇にいる為、実はシンママはコロっと落としやすくもあり、狙い目なのです。

 

どんな風に出会ったらいいのか?

どんな風に落としたらいいのか?

 

この記事ではそんなシンママを落とすテクニックや、出会う方法などを解説しております。

 

シングルマザーと出会える!オススメのアプリ3種

シングルマザーと出会える確率が特に高いアプリはコチラ↓

今日出会える可能性も!
1位 ペアーズ

2位 with

3位 マリッシュ

アプリなら複数のシングルマザーに一度にアプローチできるので、仲良くなるチャンスは格段にアップしますよ♪

シンママとは?

シンママとはシングルマザーの略の言葉です。

  • シングル=一人
  • マザー=母親

というそのままの意味で、一度結婚して子供を産んだり、子供が出来たもののそのまま結婚せずに一人で母親になった女性のことを指します。

 

最近ではこのシンママはかなり多くなってきており、年齢層も広く、20代前半のシンママもいれば40代のシンママもいたり、今ではシンママというのも珍しいことではなくなってきている程です。

 

基本的には実家に戻り、親と一緒に子供を育てている場合が多いですが、中には子供と二人で暮らしているなんてシンママもいて、特に子供と二人で暮らしている場合は寂しさを感じています。

 

シングルマザーとは出会い系サイトで出会える

寂しさを感じているシンママならその寂しさを埋めてあげさえすればコロっと落としやすくはあるのですが、そんなシンママと出会うにはどうすればいいのか?

 

シンママと出会うには出会いサイトで出会うのが一番の方法です。

なぜ出会いサイトでなければダメなのか?そんな部分を解説します。

 

シングルマザーは人の目を気にする

シンママは周りの目をかなり気にします。

シンママというだけで周りからの目は多少悪く思われてしまうので、男性との付き合いに関してもなるべく知人などには知られたくないのです。

 

その為、職場恋愛や地元で仲良くなったなどという場合には距離をおくことが多く、恋愛に発展したり、関係をもつことが難しく、むしろあまり積極的になってしまうと引かれてしまう可能性があります。

 

シングルマザーはプライドが高い人が多め

シンママは一人で子供を育てるという意志が強いので、それと同時にプライドも高いのです。

  • 女一人だからって舐められたくない
  • 寂しい女だと思われたくない
  • 結局男がいないとダメだと思われたくない

 

この様に思われるのを物凄く嫌うので、例え普通の生活の中でシンママに出会っても、こんな気持ちから男性から言い寄られることを嫌うシンママが多く、そういうシンママはなかなか落とせません。

 

出会い系アプリやサイトは安心できる

出会い系のアプリやサイトに登録しているシンママ(シングルマザー)の場合は、人の目を気にすることもありませんし、プライドうんぬんの心配ありません。

 

地元や職場というわけではなく、お互いに全く知らない土地同士で出会うので、共通の知り合いがいないというのはシンママにとって安心できる部分です。

 

また、出会い系サイトに登録しているシンママの場合はシンママならではの考え方を持っている人は少なく、舐められたくないという気持ちがありながらも寂しさが勝ってしまっている為に出会い系アプリやサイトに登録しているので、かなりの寂しがり屋ということになりますね。

 

つまり出会い系のアプリやサイトに登録しているシンママは、それだけでかなり落としやすい状態になっているのです。

 

これが職場や買い物に行ったお店の店員さんだとかなら、恋愛したいモードにするところから始めないといけませんので、成功率は圧倒的に出会い系アプリやサイトに登録しているシンママの方が高いです。

 

シンママを落とすテクニック

では出会い系サイトでシンママと出会った時に、どの様にしてシンママを落とせばいいのか?シンママを落とすテクニックやポイントを解説していきます。

 

シンママ落とすコツ①シンママ=母親。ではなく女

シンママと聞くとどうしても「一人の女」としてではなく「一人で子供を育てている母親」という目線で見てしまいがちですが、その見方をまずは捨ててください。

 

特に出会い系サイトに登録しているシンママの場合は「母親」というよりも「女」として見られたい願望が強いので、その「女」の部分を満たしてあげなければいけません。

 

なので、母親としての生活を聞いたりするのではなく、あくまで他のフリーの女性として変わらない扱い、話題をするだけ、それだけでもシンママを落としやすくなります。

 

シンママ落とすコツ②ネガティブをポジティブに

シンママは面に出していなくても、やはり多少なりシンママという部分に対して負い目を感じている部分はあります。

 

しかし、周りからかわいそうだと思われることは嫌うので、そのネガティブな気持ちに拍車をかけてはいけません。

 

そこで大事な言葉の言い回しがあります。

「シンママ大変だよね、何か助けれることあったら言ってね」

 

よくこの言葉をシンママにかける人が多いですが、実はこの言葉はシンママにとっては何も響かない言葉で、ネガティブな気持ちに拍車をかけるものとなってしまうのです。

 

そこで、ポジティブな言葉をかけるのであれば

「悪い経験じゃないよね、他の人は経験してない貴重な経験だし、かっこいいよ」

などという言葉が効果があります。

 

あくまでその経験が、辛いもの、かわいそうなものではないという言葉を言うことで、「他の人とは違う」と思わせることが出来、頼られる存在となるでしょう。

 

シンママ落とすコツ③「子供好きアピール」は効果なし

シンママに頼ってほしいという気持ちから、子供が好きというアピールをする男性も多いですが、子供好きというのはほとんどシンママにとって意味のない言葉です。

 

シンママからすれば「子供が好きだなけじゃやっていけない、苦労を何も知らない」と反感を覚えてしまい逆効果になります。

 

シンママと関係を持つ上で子供好きなのは良いことですが、あえて口に出す必要はありません。

 

シンママ落とすコツ④子供有りで受け入れる包容力

これまでに、「女性として見て褒めるのが大切」、「子供好きアピールは無駄」といったことを書いてきましたが、だからといってそればっかりやれば良いわけではありません。

 

シンママは『女性として見てほしい愛してほしい』という願望がありつつ、『この人は子供をないがしろにしない男性であってほしい、将来結婚した時に父親として、夫としてちゃんとしてくれる男性であってほしい』という願望もあります。

 

虐待はもちろんもってのほかですし、「かわいいねー」だけではまともに子育てできてませんよね。

 

だから例えば、子供が危険なこと、悪いことをしたらしっかりと叱るとか。

デートに誘う時は、子供も一緒に連れて行けるような場所も候補として提案するとか。

 

女性として見つつ、母親としての考えも理解する、相手の子供も含めて受け入れる、そんな包容力がとても大切です。

 

バツイチ子持ちの注意点

シンママの中にも子供が出来てから離婚したタイプと、そもそも結婚をしなかったタイプといますが、特に離婚したタイプのバツイチ子持ちはいくつかの注意点があります。

  • 旦那探しを焦ってる
  • 何らかの欠点がある

バツイチ子持ちの場合はこの様な部分に注意してください。

 

特に出会い系サイトの中でも婚活サイトに登録しているバツイチ子持ちの場合はこのポイントが強く出ている人が多いです。

 

さすがに結婚まではすぐに考えられず恋人として始めたいと思っていても婚活サイトに登録しているバツイチ子持ちの女性はかなり結婚に対して焦りがあります。

 

また、離婚しているということは、旦那に問題があったのかもしれませんが、女性側に問題があり離婚している可能性もあるので、何かしら性格に問題があるとも考えられるので、すぐに関係を持たずに、ゆっくりとお互いを知っていくことが大切です。

 

シンママ落とすコツのまとめ

今回はシンママとの出会い方からシンママを落とすテクニックなどを解説しましたが、シンママは諸刃の剣と言えます。

 

寂しいという気持ちがあるからこそ関係を持つには狙いやすいですが、もしかしたら面倒なことになってしまう可能性もあり、それこそ体だけの関係で考えていたのに結婚を迫られるなんてこともあるでしょう。

 

なので、もしただヤリたいだけの場合はシンママはあまりおすすめは出来ません、逆にしっかりと結婚を考えた付き合いで考えているのであればシンママと関係を持ってみるのもありです。

 

しかし、シンママは他の女性と比べれば狙いやすいながらも癖も多いので、しっかりと今回解説したポイントを押さえて望んでください。

 

今回解説したポイントをしっかりと押さえておけばシンママと付き合うのは難しいことではなく、誰でも簡単にシンママと付き合うことが出来ますよ。