本当にお見合いは古いの?お見合いをするメリット・デメリット。

結婚相手を探す方法はさまざまあるものです。

あなたは婚活するのにあたって、お見合いを考えたことはありますか?

最近は婚活パーティーなど、大勢で結婚相手を探すイベントも盛んなものですが、1対1のお見合いでしっかりとした相手を探したいという人はまだまだたくさんいるものです。

実際、婚活が難航していたり、婚活をこれから始めるのにあたって不安が大きいと、どんな方法が一番有効なのか分かりませんよね。

この記事では、そんな古き良き婚活のかたち・お見合いのメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

お見合いをしようかどうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

お見合いを活用するメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

主なお見合いを活用するメリットは

  • 信用できる人と出会える
  • 結婚に繋がりやすい
  • 一人の人と深く交流できる
  • 周囲からの反対が少ない

この4つです。

信用できる人と出会える

お見合いすることの最大のメリットは、何と言っても信用できる人と出会えることです。

最近流行りの出会いの方法として注目されているものに、婚活パーティーや婚活アプリがあります。

中でも、婚活アプリはいきなり知らない人とネットの中で出会って交流を深めるわけですから、悪意を持って近づいてくる身元の怪しい人も少なくありません。

婚活パーティーも同じように、変なビジネスや宗教に勧誘されたりなど、ちょっとした危険が伴うことは時としてあるものです。

また、特に結婚するつもりなく、ただの遊び相手が欲しくて近づいてくる人も少なくないのが現実です。

婚活アプリなどは出会いが手軽な分、真剣に結婚を考えているわけではない人も結構多いです

これらの点を考えると、お見合いでは仲人さんや親族などを通して話が進むことが多いため、必ず周りの誰かの知り合いであることがほとんどです。

どんな仕事をしているのか、どんな人柄なのか、信頼がおける人なのか…など、お見合いでは相手が「怪しい人かどうか」を心配する必要はないですよね。

しっかりとした出会いを望む人にとって、お見合いは最良の手段と言えますし、これこそがお見合いの大きなメリットになります。

結婚に繋がりやすい

上記でも少し触れましたが、結婚を考えている人同士が出会っても、お互いがどれほど結婚を求めているのかはそれぞれ違うことが多いです。

すぐに結婚したいのか、いつかはしたいけど今は結婚も視野に入れて恋人探しがしたいのか…など、人にとって結婚に対する温度は違いますよね。

そのため、結婚相手探しで婚活をしても、なかなかうまい具合に結婚の話が進まず、困ってしまう人は多いです

しかし、お見合いは「なるべく早めに結婚したい人」同士の真剣な出会いであることが多く、話も早くまとまりやすい傾向は強いです。

つまり、確実に結婚を求めている人にとってお見合いは、婚活アプリや婚活パーティーよりも効率よく結婚に繋げられる特徴がある婚活の手段というわけです。

一人の人と深く交流できる

次は一人の人と深く交流できる点です。

ご存知の通り、お見合いは一対一で相手の人とゆっくりお話をして、デートを重ね…といった流れで進むため、基本的には選ばれた一人の人と歩み寄っていくかたちになります。

話をしていく流れで相手がどんな人なのかをよく見極めることができるため、軽はずみな気持ちで結婚を決めるようなこともなくなるでしょう。

パーティーやネットなどで出会う人は、出会いが豊富にある分一人一人の交流が希薄になりがちになるというデメリットがあります。

少し良さそうと思っただけで結婚を決めてしまい、失敗するようなことはお見合いでは起こりにくいのです。

周囲からの反対が少ない

お見合いは親戚や知人などを通して話が進むことが多いため、当然両親も認めた相手であることがほとんどです。そのため、出会う段階から結婚に反対される心配が少ないというメリットがあります。

恋愛結婚の場合などは、両親などの周囲の人から反対されることも少なくなく、結婚で両親の了解を得られるかどうかが大きな壁の一つになることも。

お見合いではそんな大きな壁が既にクリアされているようなものなので、自分たちさえお互いを良いと思えれば、話がトントン拍子に進むことも多いのです。

周囲の目を気にすることなく安心して結婚を進めたい人にとって、周りの反対を心配しなくて済むというメリットは非常に大きいでしょう。

以上がお見合いをするメリットです。

お見合いをするデメリット

次にお見合いをした場合のデメリットですが、

  • 選択肢が狭まりやすい
  • 意気投合できないと大変
  • 断りづらい

この3つが大きなデメリットになります。

選択肢が狭まりやすい

お見合いのデメリットとしてよく懸念されるのは、結婚相手の選択肢が狭まりやすいという点です。

お見合いでは一人の人と距離を縮めていきやすいという大きなメリットがありますが、これはデメリットとして考えることもできます。

たくさんの人と出会って、自分にどんな人が合うのか見極めたい人にとっては、お見合いは非効率的な出会いになってしまいます。

実際、合コンや婚活イベントなどに参加したりすることでこそ、得られるたくさんの出会いがあります

イベントにはたくさんの人が参加してくるため、いろいろな職業、いろいろな性格の人と出会える機会があることは間違いありません。

最初から結婚相手の選択肢を少なくしたくない人にとって、お見合いという「世界の狭さ」はデメリットに感じられることも多いでしょう。

意気投合できないと大変かも…

お見合いは周囲の紹介で出会いの機会を持つことになるため、必ずしも意気投合するとは限りません

職業や経歴などのカタログスペックは良くても、実際に話してみたらまったく話が合わない、性格が合わないなどの問題はよく出てくるものです。

お見合いは「この人は合わないから違う人を探してみよう」とすぐに方向転換できるものではないため、お互いに相性が合わないことで苦労することも多いです

お見合いと聞くと、なんとなく周囲の後押しもあるおかげですぐに結婚がうまくいきそうなイメージを持つ人も多いと言います。しかし、お見合いと言っても知らない男女が距離を縮めていくということには変わりありません。

意気投合できない限り大変な思いをすることもデメリットの一つなのです。

断りづらい

最後にお見合いはなんとなく断りづらいという空気もあります。

お見合いは仲人さんを含めた周りの人が関わって話が進むものです。つまり最初の段階から自分たちだけの話ではなくなってくるため、会ってみて嫌だと感じてもなんとなく断りづらい空気が出来上がってしまうのです。

婚活パーティーやネット婚活などであれば、まず最初の出会いの段階では自分たちのみの話です。なんとなく合わないと思えば断わることも可能です。

しかしお見合いの場合は、「せっかく紹介してもらえたんだし…」という周りに対する気遣いが生じてきてしまいます。

「ちょっと…」と難色を示しても、もしかすると周りの人が「もっと話してみて」となかなか引き下がってくれない場合もあるかもしれません。

拒否したくてもできない、そんな空気ができあがってしまい、結婚に対する自由度が下がるのもお見合いのデメリットの一つです。

まとめ

お見合いのメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

最近は男女の出会いの方法もさまざまで、合コンや婚活パーティーへ参加することにいそしむ人もいれば、ネット婚活でたくさんの出会いを求める人もいます。

そして、昔ながらの方法としてまだまだお見合いで結婚相手を探す人も少なくありません。

必ず、その人に合った婚活方法というものもあります。

一人の人とゆっくり話して交流を深めるのが良いのか、それともなるべく広く浅くたくさんの人と出会いの機会を持ちたいのか…自分にとって、どんな婚活方法が良いのか見極めることも大切です。

もしお見合いを選ぶなら、自分にとってお見合いは向いているのかどうか、この記事のメリット・デメリットを参考に、ぜひ考えてみてください。

出会える!恋人作りで絶対おすすめなマッチングアプリ3選!

『恋人を作りたい!出会いがほしい』その悩み、このおすすめマッチングアプリで誰にも頼らず今すぐ解決!
絶対おすすめ1位!ペアーズ
ペアーズの画像

利用者600万人、マッチング率の高い出会えるアプリ!
「この映画好き」など共通の話題での出会いで、自然と仲良くなれるのが魅力♪

おすすめ2位!with
withの画像

性格診断でアナタにピッタリな人とマッチング!
メンタリストのDaiGoさん監修なのでしっかりとした診断、この機能はwithだけ!

おすすめ3位!クロスミー
クロスミーの画像

若者に人気!ご近所さんと出会える!?
クロスミー独自のすれ違い検索は、例えば同じ電車に乗る人、同じコンビニにいる人とマッチングなんて事も!

恋愛コラム
おすすめ出会い系サイト・アプリ比較隊|人気の出会い系を徹底検証