彼氏を作る合コンテクニック!勝ち組女性が必ずしている6つの法則

合コンで彼氏を作ろうと合コンに参加するけれど、なかなか進展しない。婚活や恋活をする多くの女性が合コンテクニックで苦戦しています。

あなたがどんなに魅力的でも、その場で興味を持ってもらわないと、何も発展しません。

しかし中には合コンをきっかけに交際に発展したり、ゴールインしたり、いい結果をつかむ人もいます。

どうしたら合コン相手の男性の心を射止めることができるのでしょうか?

この記事ではそんな合コンでいい男と仲良くなれる女性が共通して行なっている6つの必勝ポイントを紹介していきます。

彼氏を作るならwithが安心でおすすめ!

「職場や合コンでは良い出会いが無い…」、そんなアナタにおすすめなのがwithです!マッチングアプリなので、場所やタイミングが限定されずに出会えますし、セキュリティがしっかりしているので「悪徳業者とか不安…」といった点も安心です。男女比率半々なので競争も厳しくなく、自分の性格にあった相手とマッチングといった機能も有るので、価値観ピッタリなお相手が見つかる可能性大!女性はほぼ無料で利用できるので、金銭面・安全面・効果面とそれぞれの点から人気です♪

with公式サイトへ(18禁)

 

自己紹介で情報を簡潔に

合コンの時に必ず行われるのが自己紹介です。

あなたがどんな人なのか、ここでしっかりアピールしましょう。

あなたがどんな人かわかれば、合コンをきっかけに関係が進展する可能性もあります。しかし、緊張してあまりうまく自己紹介できない人もいます。

緊張して下を向いてしまったり、声が聞こえなかったり、名前や職業だけの情報不足で、他の参加者があなたにどんな話題を振ればいいのか困ってしまい、その後の会話が盛り上がらない人も多いです。

自己紹介をする時は、参加している相手があなたのことをきちんと知れるように話しましょう

1〜3分程度で以下のような項目を話すと、あなたの人柄もわかりやすくなります。

例えば

  • 呼んでほしいニックネーム
  • 出身地
  • 今住んでいるエリア
  • 休日の過ごし方
  • 趣味
  • 好みのタイプ
  • 初デートに行きたいところ

以上のような項目を入れておくと、あなたの雰囲気もわかりやすくなります。

自己紹介の時に名前をフルネームで話しても、人数が多いと覚えられない可能性があるので、呼んでほしいニックネームなら、覚えてもらいやすい上に、親しみを持ってくれます。

出身地や今住んでいるエリアを話すと、その後デートに発展しそうな場合にどのあたりで会えばいいのか、イメージがつきやすいです。

同じように休日の過ごし方や趣味を話すと、仕事以外のあなたのプライベートの様子がわかりやすくなります。

自己紹介は、あなたのことを知ると同時に、その後の話題作りになるように意識して話すようにしましょう。

例えばこんな風に自己紹介をしてみてはいかがでしょうか?

自己紹介の例

「はじめまして、なっちゃんって呼んでください。東京出身で、今は港区に住んでいます。

休日は土日で、趣味がカフェ巡りなので一緒に、素敵なカフェを開拓してくれる人を探しています。

好みのタイプは筋肉質な人で、一緒にスポーツするのが夢です。今日は初めての合コンなので緊張していますが、よろしくお願いします」

以上のように話してみると、シンプルなのにあなたがどんな人なのかがなんとなくわかります

そうすることで、参加者の男性が「いいカフェ知ってるよ」や「どんなスポーツするの?」と話しかけやすくなります。

モテる女性は、男性が話しかける隙をきちんと作ってあげるのが上手なのです。

まんべんなく話しかける

男性は、他の仲間の評価をとても気にする生き物です。

もしあなたが合コンでいいなと思っている男性がいても、その人とだけ話して、後の参加者と話さないということは避けましょう

もしうまくいって、彼と交際に発展した場合、周囲の人にあなたを彼女として紹介することになります。

男性は「素敵な彼女と付き合っている」と周りにも認めてほしいのです。

その場を楽しみつつも、周囲に気を遣える女性という印象をもってもらいましょう。

連絡先交換は先にしておく

合コンの後にグループラインなどを作成して、全員の連絡先を知るという方法もあります。

しかし気に入った人がいる場合には、なるべく早い段階で連絡先を交換しておきましょう

その後、もし気に入った人と連作先を交換しておけば、意気投合した後に早速二人で抜け出せる可能性もあるからです。

もしその後は二人で抜けられなかったとしても、合コンが終わった後にお礼のメッセージを送ったり、次に会う約束をすぐに取り付けられることも可能です。

連絡先の交換まで幹事任せにしないようにしましょう。

二次会には行かない

合コンがどんな楽しくても、二次会には行かないのがおすすめです。

話し足りなくて、二次会での触れ合いを求めるのもやめましょう。

なぜかというと、初対面で一緒にいる時間が長過ぎると「この人のことをもっと知りたい」や「また会いたい」と思いにくくなるからです。

お酒が入ったり、合コンの雰囲気に疲れてしまったりすると2度目に会うのが難しくなります。一次会でさっと帰るようにしましょう。

物足りないと思うくらいでちょうどいいです。

好みの男性がいないなら男友達にする

合コンで運命的な出会いがあるのは稀で好みの人がいなくてもがっかりする必要はありません。

見た目は好みではなくても、性格のいい人で気の合いそうな人を仲の良い友達にしてしまいましょう。

男友達と飲み会を楽しむように意識します。ただし、恋愛以外の話をする、恋愛対象にされたり勘違いされることがあるのでそこは注意が必要です

例えば、少し打ち解けた後で「好みのタイプはどんな人なの?」と話を進めます。

それがどんな人であっても「早く出会えたら良いね」とあなたが恋愛対象でないことを先に告げましょう。

男性はこの言葉を言われると、あなたには脈がないことがわかります。

その後で「私の友達で、あなたの好みの人がいるかもしれないから、今度別のメンバーで合コンしない?」と提案をします。

このような提案をすると大抵の男は違うメンバーで合コンを開いてくれることが多いです

合コン相手を新しく探すのは難しいですが、友達の更に友達をたどると、あなたの好みの人がいる可能性もあります。

合コン以外にも、趣味の集まりや飲み会に呼んでもらうようにお願いしてみましょう。その先にあなたの好みの人がいる可能性があります。

類は友を呼ぶので、あまりに好みとかけ離れていたり、気持ち悪い人と仲良くなるのは避けた方がいいかもしれません。

あなたが求めている理想の条件に少しでも該当している人に合コンの提案してみる方が、出会える確率はグッと上がりますよ。

リアクションは大きめにする

男性は反応のいい女性が好きです。

笑顔の女性に好感が持てると言われているのは、自分の話しを楽しそうに聞いているように見えたり、一緒にいると幸せそうに見えるからです。

あなたが興味を持っている話題なら、身を乗り出して話を聞いてみましょう。

質問をして、聞き手に回るとその合コンは盛り上がりやすいです

その合コンで初めて知った話題が10個あったとしたら、せめてそのうちの3個くらいはあなたのものにするくらい、細かく聞いてみましょう。

次に初対面の人と出会った時に、話のネタになります。

逆に興味のない話になった時にも無視するのはいけません。

「なるほど」や「そうなんですね」「確かに」などの相槌をした後に、あなたの興味のある話題に切り替える練習の時間しましょう。

苦手な人と話す時には、あなたの会話のテクニックを上達する場だと思えば、退屈に感じにくくなります。

向上心を持って合コンに参加することによって、あなたが積極的で好意的に移ります

まとめ

好みの男性とどんどん仲良くなっていく女性は、合コンをただの飲み会にはしておきません。

あなたがどんな風に見えやすいかなどを研究して、数時間の合コンを有益なものにしています。

以上のような6つのポイントを試してみて、合コンの成果と照らし合わせていきましょう。

いい出会いに結びつく場合は、あなたの自己紹介の内容がよかったり、男性参加者からの評価が高い場合です。

逆になかなかいい結果に結びつかなかったり、体の関係など遊びの関係に終わってしまう時は、自己紹介やアプローチ方法が悪いのかもしれません。

まずは出来るところからチャレンジしてみてください。

出会える!恋人作りで絶対おすすめなマッチングアプリ3選!

『恋人を作りたい!出会いがほしい』その悩み、このおすすめマッチングアプリで誰にも頼らず今すぐ解決!
絶対おすすめ1位!ペアーズ
ペアーズの画像

利用者600万人、マッチング率の高い出会えるアプリ!
「この映画好き」など共通の話題での出会いで、自然と仲良くなれるのが魅力♪

おすすめ2位!with
withの画像

性格診断でアナタにピッタリな人とマッチング!
メンタリストのDaiGoさん監修なのでしっかりとした診断、この機能はwithだけ!

おすすめ3位!クロスミー
クロスミーの画像

若者に人気!ご近所さんと出会える!?
クロスミー独自のすれ違い検索は、例えば同じ電車に乗る人、同じコンビニにいる人とマッチングなんて事も!

モテる女になる
おすすめ出会い系サイト・アプリ比較隊|人気の出会い系を徹底検証